So-net無料ブログ作成

翡翠について [本翡翠の特質に関すること]

翡翠とは、主として東洋、中南米などで昔から金より人気の高い宝石として、
貴重なものとされていました。

そして翡翠は、「不老不死」や「生命にパワーを与える」と信じられ、
昔は亡骸全体を翡翠の玉で覆い隠してきました。
とりわけ有名なのは、始皇帝や王族の亡骸につけられてきたことです。

翡翠には、硬玉を「ヒスイ輝石」、軟玉を「ネフライト」の2種類あり、
宝石と言われているのは、硬玉のみなのです。

また、英語ではクラスの総称に「ジェイド」を使い、
硬玉は「ジェイド」、軟玉を「ネフライト」と言っています。

深い緑色が鮮やかな印象が強い翡翠ではありますが、半透明、白、青、黒、、橙、赤橙、
ピンク、ラベンダーと様々な色があり、合計15色ほどもあると言われています。

ここまで、翡翠についてご説明してきました。
ダイヤモンドよりも貴重とされた本翡翠を一度は手にしてみてはどうでしょうか?


→さらに詳しく本翡翠を知りたい方はこちらです!





nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。